購入の際費用面で気を付ける点

不動産を購入する時に、費用面で気をつけなくてはいけないことはなんでしょう。住宅などを購入すると、莫大な費用がかかります。最低でも数百万、高い物だと数億円などという物件もある位です。住宅を購入する際にかかる費用は、何も物件そのものだけではありません。それでは他にどんな費用がかかってくるのでしょうか。まず大きなものとしては仲介手数料があります。販売価格の3パーセントが仲介手数料として業者に支払われるのです。例えば、1000万円の物件だとしますと、30万円がその費用になるのです。5000万円なら150万です。かなり大きな出費となりますよね。他にかかる費用としては税金があります。不動産取得税と言って、購入した不動産の額に合わせて後で税金の徴収があります。これもかなりの額になるので、その分を計算に入れておかねばなりません。これらの事を念頭において、不動産購入の資金を準備するには余裕を持って行うのがいいかと思います。

toppaという幸せ
twitter
Gooで欲しいもの見つかる